◆2010/10/28 社長ブログを更新しました。◆

社長ブログをせっかく作ったのに、いろいろ忙しく更新することを忘れてました。初更新です。
題して「ブログ的中国出張報告 怒りの編」
 
 先週 国慶節が終わってちょっと落ち着いたすきをねらって1カ月ぶりに中国に行きました。
上海から浙江省>安徽省の工場をまわっての出張でした。
 上海万博も10月末でおわることもあり多くの中国人が上海へ怒涛のごとく移動していることと 世は中国・・バブル景気もあいまって 交通機関も街中もどこもかしこも大変な混雑と人出でちょっと疲れました。
 私が上海万博を視察したのは5月(始まった直後)でした。その時も上海は大混雑でした。
それは「6月になれば上海市民が1世帯に1枚配布される無料入場券を使っての入場者が増えるので混みます。岩崎さんも・・もし興味があるなら今のうちに行ったほうがよいですよ」という言葉に押され(大阪万博を高校生で経験した私にとって特別興味はなかったのですが・・発展中国を見ておこうと思うミーハー性格で)行ったわけです。
 その時の入場者数(刻々と地下鉄の案内TVに告知されます)が私の記憶では27万人。それでも大変な「中国的」大混雑を体験しました。
 したがって訪れたパビリオンは 将来一生行かないであろう(・・長蛇の列がなかった)北朝鮮館とイラク館だけでした。そしてカレーライスを食べてきました。それでも大変疲れて帰ってきた次第です。
 それがなんと先週は連日100万人の入場者というはなし。中国に月一回は出張している私にも その人出はどういう混雑かは想像に絶します。
 
 次にホテル・・いつも利用する上海の当社カンパニー契約のS・M大酒店も万博景気から値段もあがり、サービスも以前より劣化していることもあり、ちょっと「怒って」いたことから、今回は中国工場にアテンドする取引先の親切にあまえ、ネットで外灘の一等地にある 上海MA(中級)酒店を先払いで予約してもらいました。そして上海到着当日まず1泊しました。
 
 部屋はスタンダードで狭いのが難点でしたが、比較的清潔で、ロケーションも、従業員の接客も値段のわりにはA級で印象をうけました。「契約ホテルのネゴをしようかな・・」ともおもいました。ちょっと気に入ったのが本音です。
 そして翌日浙江省へゆき当地で1泊して再び上海へ戻ってきて、その夜の9時ころ同ホテルへ。そして再度チェックイン手続きにはいりました。今度は2泊。
 ところがレセプションに行くと驚くべきホテルの対応。・・「今夜は宿泊予約がオーバーブッキングして部屋が無い。だから今夜は系列のホテルに移ってほしい。そして明日2泊目は当ホテルで部屋が確保できるので戻ってください。」
 「え~・・・!?」です。
 でもこういうことは過去何度か経験しているし、上海が万博で超繁忙期であるので「こういうこともあるか・・」とおもいました。でもこういうことには比較的燃える社長です。そして疲れる「中国的」ネゴシエーションをしなければならないと考えフロント嬢との臨戦態勢にはいりました。
 でも考えてみれば 今回は日本からそれなりのネット予約ルートを通じての手配であり、その宿泊約款ではキャンセルについての細かい規定を全部のまされ、かつ宿泊代を日本でクレジット決済の「先払い」したわけであり、予約者にとっては「一番宿泊優先順位が高い顧客」のずです。さらに私どもは当日上海へ返る列車から携帯電話でチェックインが10時前になる旨もつたえていました。
それにもかかわらず「部屋がない!(怒)」
 今回は取引先が手当てしてくれたとはいえ、大事なお客さんなので徹底的にこの理不尽な回答について彼らと戦わなければなりませんでした。中国的にいえば「私のメンツ」です。
 
 私は決して「クレーマー」でもなければ、決して「なんでも反対・文句言い」でもありません。でも理不尽な要求、わけのわからない言い訳には 商談もプライベートでも徹底的に戦う「ノーマルな普通人には大変いやな」習性・性格の持ち主です。そこでまず、私は下記をかれらに話しました。
①基本的にはホテル移動は拒否、理由は先払いと事前のリコンファームです。私には何ら落ち度はない。
②もし 移動をどうしても余儀なくされるなら、同等クラス手配はホテルの落ち度の問題なのだから、当然挌上であるべき。(世界中の常識)だから同じロケーションエリアのWestinもしくは和平飯店、ペニンシラーなど五星☆クラスでないと納得できない。なぜならば 宿泊者のキャンセルにはペナルティがあって、逆の場合(ホテル側の落ち度の場合)は当然ペナルティも逆になるか、もしくはアップグレードを要求する権利が私にはあること。(でもこれは宿泊約款にはない。でも業界の通例であることは世界の常識・・あくまでも私の偏見独断ですが)
 
 交渉すること約1時間 マネージャーがでてきてのあらたな条件は・・
・・2名ともこのホテルのアッパークラスに宿泊可。ただし1泊だけ。翌日の2泊目はまた同じホテル内で別部屋に移動してほしいとのこと。・・これも拒否!!(翌日も早朝から上海外に移動しなければならず、帰りもおそくなる。バカヤローです)
 そしてさらに数十分・・ようやく決着をみました。なんとか部屋の組み換えができたのでしょう。取引先の彼はスイートアップグレードで連泊。私は予約同等クラスの部屋で連泊。
でも 私たちのおかげで 宿泊客の誰かがまたドミノ式に犠牲になったはず・・デス。
 チェックインに1時間半を要しました。
Unnn~ 疲れる中国

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map