社長ブログ を更新しました。

  ◆2011/1/31社長ブログを更新しました。◆

(最後の授業 編)

先日久々に母校に行ってきました。
なぜならば 私の学生時代に学んだゼミの教授による「最終講義」が
あったからです。

 私のゼミ学生時代、先生は(失礼な言い方をすれば) 早稲田の大学院を
出られて数年の「新米講師」でおられたのですが、私たち学生と年齢も
近いこともあり、大変親しくお付き合いをしていただきました。
お互いに乗り物や旅行が好きでしたのでゼミ仲間と一緒に旅行も楽しみ
ましたし、先生の講義が「唯一まじめに勉強した授業」であったと同時に、
研究室をたまり場にして色々な仲間や先輩後輩と知り合い、「なにか学生
らしい時間」を過ごした期間だったと思います。

 その先生が「助教授」になられた。「教授になられた」その後、
「えっ学生部長になったの?・・どんどん偉くなるな」など友人からの便りで
聞いていたのですが、今年の年賀状に「退官します・・最終講義に来てくだ
さい」という案内をいただいた時、年の経つ事の早さを感じると共に「久々に
あの大教室で先生の講義と声を聞こうか・・」と思い、講義も公開だったので
聴講させてもらった次第です。

 先生とは数年単位でお会いしたりしているのですが、母校の教室に入る
のは多分34年ぶりだと思います。
改めて先生に挨拶をし、教室に入りました。最終講義は当時と同じ建物で
同じ雰囲気の中規模教室でした。でも今の大学はすごいんですね。
200人くらい入れる部屋でしょうか。寒い日でしたが暖房は教室の隅々まで
行き届き、なんと後ろ席の為に大きなプラズマテレビが前方の教壇と黒板を
映して天井からぶら下がっている。先生もPCを使いながらの講義です。
(今は当たり前なのですかね?)
時代の移り変わりに驚いた次第です。(34年も経ってますから)

 最終講義は現役の学生はもとより、沢山の卒業生や学会関係の方が聴講され
満席の中、プロジェクターなど私たちの時代には決してなかったその近代的
な設備を十分生かし、私自身も少しの緊張感と共に有意義な90分を過ごしました。

0131PC.jpg

 

 

 

 

 

 

 (最終講義の教室)

 

 

私自身が学生時代・・・私自身は成績で先生を悩ますだけの普通の学生だったと
思ってますが、当時はまだ学生運動は下火になっていたものの、学内では常に
「アジ演説(我々わぁ~!・・日本政府をぉ~~!・・というやつです。)」が響いて
いましたし、そこら中に左右思想におかされた学生がおりました。
しかしながら元々バンカラ気質の大学であり、人に言わすと私自身、「○○会
なんちゃら」の「情宣部長」などをして学内を「闊歩」していましたから比較的硬派の
学生だったようです。
 こんなことを話せば私の出身母校がばれますが、当時から今でも西日本一の
のマンモス大学(言い方が古い)です。

当時は「(ポ●)(近)(●ン)」と揶揄され、決して優秀な学生ばかりの大学ではあり
ませんでした。しかしながら近年は「関関同立」「産(◆)甲龍」と言われる関西の
有力私大の一角をなすようになったのは私の喜びでもあります。
つい先日の新聞に「関西の社長で一番多くの社長を輩出した大学」との記事が
載っていましたが、その元来のバンカラ気質がベースにあるのか闊達な上昇志向
の気質を持つ学生が多いことは今も昔も事実だと思います。
(でも歴史も長く学生数が一番多いということは卒業生も一番多い訳ですから、
考えてみれば社長になる人数も一番多い・・?「あたりまえやないか・・」とも
自身思っているのですが)

構内は私どもが学生であった時代以上に一大ビル群のキャンパスになっており、
生駒山系をバックに緑も多くなっていました。さらには当時に比べ女子学生が
大幅に増えたからなのか、または古い校舎の建て替えやリニューアルされたせい
なのかわかりませんが 今風の明るく垢ぬけたキャンパスに変貌しておりました。

 駅から大学正門まで伸びる通称「大学通り」も久々に歩きました。
今でも多くの学生が行き来するからでしょうか。近年の不況の象徴である「シャッター
商店街」が多い中、休講が多いはずの土曜日にも拘わらず、相変わらず賑わって
います。
 でも時代の移り変わりは私たちのマーチャンダイジングと同じく、商店街は完ぺき
に時代即応に変化を遂げていました。
駅前にあった2軒の「パチンコ屋(休講の合間にいつも通った)」や「3本立て900円の
映画館(当時のピンク映画主体、時々行きました)」は無くなり、通りに数多くあった
「マージャン屋(1時間100円くらいのジャン代。1000点3円くらいで・・負けてスッテンテン
になり、家に帰れなかった記憶)」も数軒を残すのみ。

 今でも学生は教科書を売ったり買ったりするのでしょうか・・当時からあった「古本屋」
は健在でしたが、2軒の大きな「本屋」は全くありません。「大学通りに本屋が無い!」
「喫茶店」も数えるほど。当時お世話になった「うどんや」「定食屋」はなんとかそのまま
の風情を保っていますが、大学構内の「腹だけを満腹にする(学食)」はモダンなレストラン
(街?)に変貌しています。
 そして今あるのがおしゃれな「ヘアーサロン」「エステサロン」「コインランドリー」「コイン
パーキング」「ゲーゼン」本当に様変わりです。
まさに浦島太郎状態です。

 こんなこと(昔ばなし)を話すと「白髪の増えた、え~年のオヤジが赤いギンガムチェック
のシャツ着て・・」と冷やかされる私の人格も、この変貌と共にそろそろ「旧人類」「化石」の
域に入ってきたのでしょうか。
「いや、まだまだ若い」と ちょっと複雑な気分で書いています。
 

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map