◆2011/04/25 社長ブログを更新しました。

先日、業界紙(洋装ロータリー)から手に入れた2010年のマフラースカーフ輸入実績
を添付しました。
昨今当社も含めて国内生産は大変少ないですでから、この数字が業界の趨勢を感じる
目安の一つなのですが・・・
マフラースカーフの流通は減ってるんですね。数量ベースで27%近くも前年に比べ
て減っている。輸入の80%以上を占めるお隣中国からは、金額ベースででは36%
近くも減少。いよいよ巻物バブルも終焉ですかね。

当社はこのバブルに良い意味でも悪い意味でも巻き込まれなかった思ってますが
お蔭さまで、当社のマフラースカーフの業績は前年より良いということは、この全体
像と比較すればハードに働いた社員にも取引先にも感謝しなければならないと思って
います。
でも震災後の経済下落にともなう今後が心配です。

 洋装4.jpg  

※画像をクリックしていただきますと、と拡大画像をご覧いただけます。 

 話しは変わりますが 私の英語のクラスでは月1回「なんでも話し」というテーマで
発表しなければならない宿題があります。
これは私たちにとっては大変なストレスなのです。私はいつも適当に話題を見つける
能力はあるのですが(・・と勝手に思ってる)
しかしクラスメイトに比べて「内容の薄い」「面白可笑しい」話しかないことに大変
コンプレックスを感じておりました。私の英語能力=アカデミックな話しが無いのです。

でも、先週はちょっと頑張って考え発表しました。
下記はその内容に先生の教えに従って加筆訂正した内容です。
結構真面目な内容だと思います。<東北大震災から考える人の優しさと今後の憂い>
がテーマです。

私の会社でのサドスティックな性格を知っている人が読んだら「私の性格否定」
につながる文面かもしれませんが(笑)
 

 After the earthquake, I have thought about human kindness and the future of Japan.
Because, I was born after world war 2 and I have been living with development of the
Japanese economy. So we have not known hardship. (耐えがたい苦労)
A Newspaper had an article that the Japanese have been very kind after disaster.
It might have an impact on Japanese or make impression by advertisement of morality.

I went to India after earthquake.....
TV news say in the top news everyday “3 shuttle accidents in Japan which are earthquake,
tsunami and nuclear”
Of course all of suppliers have already known and I though their heart warm.

Also, in India, our agency gave beggar money in the town.
Before,some people say “Iwasaki san do not give them, should not give them” at the
same situation in the foreign country.
So, I asked him about his mind.
He said “I have never given young people. Because, they can find any job and can be
worked. Just they are loafer.
I just give old people and handicap people. Because, they can not working.
I had worked hard and now I have some money. I must help to them.
I admire him.

Before, one of my English teacher who is American young guy was same.
He said to me that I work in Japan and get money from Japanese.
It is my pleasure. Someday I must repay to poor people.

Last week I went to Tokyo.
Recently, any electricity is restricted, so the city is too gloomy.
The lights are half level anywhere, and several of escalators in the station are notworking.
Any train services are 20% less compare to before.
I think for sure all of Tokyo is dismal and not excited.
I talked with clients about these situations.
However, most people are no complain and say we will just have to endure. (耐えなければ・・)

Everybody is gentle and submissive. (従順).
However, I must consider should be accepted until when? How should we do from now?

Novelist Nanami Shiono who is living in Italy:
I have read in the magazine her contribution recently. (寄稿文)
Her thought is a little right but I agree with her cdomment.
She said…
Now is unprecedented national crisis in Japan (未曽有の国難)
And now a lot of Japanese and generation have not known msufortune by 2nd war.
I want to say them (means after 2nd war generations)
War is like this situation and it is too miserable like this,
And now, this is the same as post war.
We must endure now. And it must be accepted.
But we must stand with straighten, eye must look forward and we must doing resolute in the matter.

(耐えなければならない。そして耐えるのはよい。しかし背筋をのばし 視線を正面にむけ 毅然として行こうではないか) 
 

◆2011/04/11社長ブログを更新しました。

先日取引先の会合でよい話しを聞きました。
すでに教訓としておられる方も多いかもしれません。
私は性格的に拗ねてますので 教訓的な話しや人生マニュアル的な話しは
あまり好きではないのですが、「あ~なるほど」と共感した次第です。それは・・

ちょっとプラスアルファ頑張ろうとする行動と、ちょっと残してまあいいか
という行動の差は、積み重なれば大きな差になるということです。

・(100乗のがんばり)

1. 「1」の100乗は「1」で全然かわりません。
     毎日同じでは100日間ではなにも変化成長のない「平平凡凡」です。
     だから これは成長がない。
2.  そして「1.01(ちょっと1%だけ頑張る)」の100乗を計算します。
    ちょっとプラスアルファ頑張ろうを続けるということです。
    100乗とは例えば100日間(毎日の積み重ねの3か月余りです)
3.  反対にちょっとサボる。毎日1%前日より気を抜く。
    そして100日間同じように1%前日よりサボる。
    それは0.99の100乗になります。ちょっと仕事を残してまあいいか・・
    ということです。100日後はどうなるか・・

計算結果は前者「2.73」と後者の「0.36」その差は、7.8倍です。
ちょっとした積み重ねがいかに大きな差になるかということです。
 
でも 私の頭ではわかっていても100乗などという言い方は私も学生時代から
遠ざかっています。そこでもっと説明がわかりやすい方法を考えました。
要するに頑張るためには毎日1%づつ、前日より少しがんばったらよいのです。

・(1%のがんばり)

1.  「1」に対して0の複利では「1」で全然かわりません。
      毎日同じでは100日間ではなにも変化成長のない「平平凡凡」です。
      だから これは成長がない。
2.  「1%」(ちょっと頑張る)の1%だけ毎日積み重ねでちょっとプラスアルファ
      頑張ろうとする。そうすると計算は1の1%複利計算になります。
      そうすれば 100日後には「1」が「2.70」になります。
3.  反対に毎日1%づづサボる。その計算式でマイナス1%の100日間の複利計算
     になります。   結果は「0.37」

その差は前者と同じ。
うっ・・・? 私は数学と物理と化学 そして文化芸術に大変疎いのですが、
前者と後者は数字こそ似てますが、ちょっと違う結果になります。
この2つの数式の中身は一緒なの?それとも違うの?
 
これを今からひも解いて頑張って結論を今日出せば前述の「がんばって」になるの
でしょうが、まだまだ「凡人」の私。今日は遅いので帰宅します。
 
でも若い時にある取引先の社長からお正月のあいさつで言われたことは私の
「とらうま」です。
 
「岩崎さん 昨年の業績はどうだった?」
「いや まあまあ なんとか前年並みですわ・・」
「あ~そう。でもそれはよう頑張った。この厳しい時代・・120%くらい頑張っ
たから前年並みで落とし所になったんだ。 前年と同じ仕事をしていたら、多分業績
は80%に落ちてるよ」 
 
結局は生きている限りがんばらなければなりませんよ。・・ということです。
決算月を迎え、来季の予算会議を本日したのでこのようなことを考えるのでしょうか。

 

◆2011/04/04社長ブログを更新しました。

110320_インド-1.JPG

 
 

 

 

 

 

 

3月26日にインド出張から帰国しました。
北中部インドですが、既に36℃です。今後は45℃にもなるようです。
4月末に相当数のship予定があるのですが、「誰が検品に行くのだ・・?」と
「インドビジネスへの前向きと戸惑い」が社内で交錯する最近です。

東日本大震災発生の1週間のちに関空から出国したのですが、驚きました。
3連休の初日であったことも理由かも知れませんが、危険な日本から逃げ出す(?)
外国人でごった返しておりました。チェックインから出国まで1時間半以上を要した
次第です。香港経由で行ったのですが、もちろんフライトは満席。

地震・津波は現地でも大変なニュース。
BBC、CNNはもとより地元のTVも今なおトップ級の扱いです。
ホテルの部屋に配達される新聞のトップ見出しに「Three shuttle accident in Japan」
という記事が非常に印象的でした。
「地震、津波、原発」3連発の日本を本当に危惧している記事内容です。

 
3月初旬の中国展示会ですが、それなりに商談は進めております。
今後は彼らとの商慣習の違いにぶつかる事もあると覚悟していますが、売り手と
買い手が逆転する訳ですから、積極的に攻め込んで行きたいと思います。

この未曽有の事態の日本でこういうことを今言えば叱られるかもしれませんが、
日本だけでのマーケティングは生きて行けない時代が更に早く近付いてきた感じが
します。
中国、韓国、インド、イタリアの取引先からも多数のお見舞いメールや電話を
もらいました。彼らは本心で日本・日本国民を励ましてくれていると確信しています。

でもその反面「今の日本マーケットで彼らのサンプルを進めてもはたして本番発注は
大丈夫なの?あるの?」という意見。これも「現実今」の日本を見る海外の「目」です。
私たち日本人は「決して沈没しない。頑張らなければなりません」


中国の彼ら(社員)と話してますと、やはり「若い」「発展している土壌、国」は
すばらしく、羨ましく思います。彼らとの話はPBのブランド、日本製の積極売り
込み、ショップをつくろう・・など、ちょっと私が夢を語ればそこからは、彼らから
引っ張れる話ばかり・・・私のほうがそのスピードと積極性に「おいおい・・」です。

やはりこの積極性・冒険性を「バブル崩壊以降」の日本国民はなくしてますね。
防御と反省ばかり考えている。
今度の災害ですこし一致団結しそうな日本マインドを継続しなければなりません。
商売のマーケットは広い・・と本当に思います。

新聞などメディアは「益々の生産の海外移転が進む・・」「どうなるのか日本・・」
など心配論ばかり。
これではますますシャイな日本国民は「悪い方へのマインドコントロール」されると
思います。 

 TVで何度も流されいるACのCM・・・

「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える  
 

各国から私どもに送られてきた日本を心配するお見舞いと応援メールを一部紹介
します。皆 ビジネスでは厳しい輩ですが 、日本を応援してくれてます。

私たち日本人は「決して沈没しない。頑張らなければなりません」


--------------------------------------------------------------------------------
Iwasaki san

The tragic news from Japan makes us very sad.

We have no words to explain our closeness with Japanese people.

Best regards.

all the staff.


--------------------------------------------------------------------------------
岩崎様

皆様はご無事だった、良かったなあ。

ニュースから地震や津波や二つ原子力発電所が爆発することも聞きますから、
怖いです。
皆様ご無事かどうか、ご心配しておりますね。


--------------------------------------------------------------------------------
Dear Mr. Hiroo

I've see immages about earthquake in your country and I'm very very sorry.

I really hope that you and your family are well. I'm close to you.

 
A big hug


--------------------------------------------------------------------------------
イワサキの皆様
 
贵国宫城县では大地震で被害を受けたと闻いておりましたが、皆様はご无事でしょうか。
一日も早く平穏な生活にもどられることを心からお祈りいたします。


Thanks and Best Regards~


--------------------------------------------------------------------------------

I'm extremely sad to see the terrible images on television,Japan is like my second house
 and I'm really closed to Japanese people,I really feel bad about this terrible matter.
I hope Japanese people in general can find inside themselves the power and teh wish to
 go ahead,even if now is very hard.

Paolo


--------------------------------------------------------------------------------
Dear Sirs,

 Pls kindly get back to us once you see this email.
I am here express my grief on those suffered this disaster and sincerely
hope all of you are fine.
God Bless You.

 Best regards


--------------------------------------------------------------------------------

 Pls kindly confirm all you and you concerned is fine.
thanks.


--------------------------------------------------------------------------------

地震で、
 
みなさん、大丈夫でしょうか?ご家族は大丈夫でしょうか?
 

--------------------------------------------------------------------------------
 
I am so sorry for a terrible news and image we received from the northeast of Japan.
I really hope that the end of this nightmare will stop soon

 

--------------------------------------------------------------------------------
Dear Mr Iwasaki

 
Thank you for your email.

 I am so happy that you are safe. 

 The situation is TERRIBLE.  The news on the TV is so very shocking.
 I wish I could help in some way.

 
Please take care

--------------------------------------------------------------------------------
Dear Iwasaki-san

I saw  terrible images about the tragedy happened in Japan,I hope you ,
your family and all your staff are fine.

I'm very sad for this drammatical situation.

Best regards.


--------------------------------------------------------------------------------
Dear Friends
 

We really hope that you, and all your loved ones are safe and well. 
What a terrible, terrible situation in Japan.
 

Kind wishes

 
--------------------------------------------------------------------------------

Dear Friends,

I am really so sorry for the big tragedy that hit your country,
I hope no one of your relatives families and friends are effected by the quake.

I hope the toll of missing lives will stop soon.

let me know ...and take care


--------------------------------------------------------------------------------
Dears

I saw information about earthquake and tsunami. Is everything ok with you and
all of your company staff and costumers?

We know Japan is used to earthquakes and your buildings are well built,
 but it was very strong and I hope everything is ok and all of you safe.

Best regards

 
--------------------------------------------------------------------------------
Iwasaki san

We fully understand your situation.
The whole world hopes that in the end there will not be any atomic problems.

As a memb er of the Board of Directors of the Swiss-Japan Society we arranged
 a benefice concert with Japanese musical artists.

Unbelievable sFr. 36.000.—were collected fort he victims. I 
 I am also arranging additional concerts.

Have a pleasant weekend

 
--------------------------------------------------------------------------------
Good afternoon Iwasakisan,

the terrible news about earthquake, tsunami, atomic  clouds, eruption of vulcano
are filling newspapers, TV etc.

I hope that you and your staff are o.k., but the uncertainty is just unbelievable.

We do not wish to write things that are in radio and newspapers


--------------------------------------------------------------------------------
Dear Mr Iwasaki,

I hope that you are all good, and I just want to say that the Babette Wasserman
team is very close to you and your people in this difficult moment in Japan.


--------------------------------------------------------------------------------
Dear Iwasaky-san,

will keep praying for a fast resolution keep me informed.

Best Rgds

--------------------------------------------------------------------------------
 
FORZA GIAPPONE!! 

(注) ”ガンバレ ニッポン”

 

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map