◆2011/6/28
当社では ますますの商品の安全性要求に答えるため 
この度、岐阜検品DIVISIONに3台目の検針機 
HASHIMA HN-650Cを導入設置致しました。
従来からの当社2台と上海検品DIVISION3台とを合わせ合計6台目の導入になります。
この機種は アパレル用検針機で「検針対応金属付属品」には反応しない検針機です。

※画像をクリックしていただきますと、拡大画像をご覧いただけます。

kenshinki1.jpg

kenshinki2.jpg

kenshinki3.jpg

 

こちらで全ての「NEWSーお知らせー」がご覧いただけます!

◆2011/06/27社長ブログを更新しました。
 
(帰国) 
 6月22日(水曜日)朝 予定通りロンドンに1泊したあとヒースローからBA
で成田に帰りました。
日本の航空行政に一言申す・・ではないですが、成田のハブ化といいながら
 朝に着くと「成田⇒大阪」のフライトがないのです。
仕方なく 成田⇒羽田はリムジンバス(3000円もします) そして羽田⇒伊丹
便で2時頃 会社に帰りました。
 多分成田では到着便が夕方に集中するからでしょうか?大阪乗り継ぎ便は 
伊丹便と関空便がJAL、ANA2社で夕方以降に3便まとめてあるだけです。
 でも関空からのダイレクト欧州便は結構選択肢はあるのですが、欧州系の
航空会社ばかりで日系はなし。今回は理由あって東京からのBAを選びまし
たがブッキングがうまくとれない場合が多い。
 これではやはり 韓国Inchon経由に利用者は流れますよね。
たしか関空⇒Inchon / Ginpoは1日10数便もあったとおもいます。
まさにフリークエンシーサービスです。
 
(節電要請) 
 その成田も大阪もすでに酷暑。梅雨の晴れ間ではありましたが真夏でした。
 日本のニュースは「電力不足 節電」ばかりです。東京電力管内だけでなく、
関西電力管内も15%節電要請を発表し、当社でも5月の経費節約号令と増
して、電気節約指令を帰国後早速発表しました。
 毎月の社内経費は社員全員に昨年との項目別比較表をメールでとばし、
経費節約を訴えているのですが、今回から電気料金だけを抜き出し 比較
対照をして社員に節電を訴えることにしました。

setsuden.jpg

電力節約.xls

 週末まで出張整理をこなし、土曜日は基本休日ですが、仕事も残っていた
のでオフィスにきました。
社員一人がでてきて仕事を黙々としていましたが、窓を開け、エアコンは無し
でした。人もいないし、ビルの8階ですから少しは風がはいり涼しい感じです。
よしよしです。 でも暑い。週明けからは決してエアコンなしの業務は無理と思
いますが、今回の「節電要請」は いつも経営者として悩ませる「経費削減」の
大名目ができました。

  エアコンなしの土曜日1.jpg

 

 

 

 

 

 

※写真をクリックしていただきますと、拡大写真をご覧いただけます。

◆2011/06/20社長ブログを更新しました。
 
(続続:Italy 出張編)

 Pittiを昨日丸一日視察と商談の後、朝Firenzeから特急でイタリアの長靴の
東側を北上しました。
とある有名SPAとの商談が取れたので初めて訪問しました。
予定通り列車に乗りましたが乗換のVenezia駅に関して2つあるとは聞いて
なかったので混乱。。
Venezia SantaMaria駅(こっちのほうが本来の観光地に向かうVenezia駅。
私の目的地へ行くには一つ手前のVenezia Mestreで乗り換えなければなり
ませんでした。
幸いにも私は車内放送で Venezia ○○○~(?)と聞こえたのでVenezia
と思い、慌てて降りたのですが終点まで行っていたらもっと混乱すると
ころでした。
 まあ 大阪駅と新大阪駅との違いのようなものですが、なかなか外国人に
はわかりにくい駅名だと改めて思います。同様に日本に来た外国人もこうい
うことで結構混乱すると思います。ましてや日本は英文字表記が不完全です
から。
 目的地の駅には11時45分到着。メールだけでやりとりしていたL氏に乗換
のとき「on schedule」である旨を伝えたら、「どんな服装だ?」と聞くの
で「眼鏡をかけ大きなバゲージを2個持っている(一つはサンプル)東洋
人だからすぐわかるはず」と答えたら、到着駅で大きな声で「Mr.Iwasaki
~!!」と声をかけてきました。
駅でサンドイッチで昼食を済ませて彼の車でその会社へ。
 
 車で20分で到着。驚きました。緑に囲まれた平屋建ての建物が並び、まさに
にオフィスは大学のキャンパスのような感じ。外来の車は芝生に植木の屋根が
ある駐車場。社員の車は大きな地下駐車場。一切敷地に車は見えない。
この企業はエコを大事にしてますから、この環境で仕事をすれば当然商品
基準も厳しくならざるをえません。

  商談だけではなく、訪問者に対する扱いもほんとうにスマートでした。
私も商談後の当地からのMilan行きの列車の出発時間をはなして限られた時
間内で商談をしたいと話すと「商談開始は2時半。あなたに与えられた商
談時間は30~45分ですから 能率よく話すように」と言われ、まさに予
行演習なしのプレゼンテーション開始と相成りました。
予定通りの45分で商談は好感触(と思ってます)で終了。
「帰りは申し訳ないがタクシーを駅まで用意する。費用は当社が負担する
ので気にしないように。」とベンツタクシーで送ってくれました。
こういうスマートかつ、効率的な商談はなかなか日本始めアジアではない
ので新鮮な一日でした。私も含め当社社員がこういう商談ができるでしょ
うか?
 
★話しは変わりますが、相変わらずイタリアは治安事情はイマイチです。
幸いにも私は深刻な被害には合っていませんが10年ほど前Milanでパスポ
ートの入ったカバンをタクシーに置き忘れて現地でパスポート再発行とい
う憂き目にあってからは、私はパスポート管理およびバゲージと手提げ
バッグのキャリーに関してははかなり慎重です。
 今回もバゲージ2個、バッグと暑いのでペットボトル持参の移動でしたが
バッグはいつでもどこでもバゲージにストラップを引っかけて決して簡単
には「ひったくり」ができないようにしています。
駅での時間待ちで暇つぶしに写真を撮ってみました。
DSCN空港1.jpg 
 ※写真をクリックしていただきますと、拡大写真をご覧いただけます。

★もうひとつ話しは変わりますが 
 Italyでも相変わらず日本の地震津波の惨状は同情してくれますが、もっと
彼らが関心があるのはやはり原発のことです。皆がみな「FUKUSHI
MA」の現在を知りたがります。
 日本を良く知らない人は「東京」はどうなのだ?「大阪」はそこから遠い
のか?やはり日本はFar Eastの国なのです。ロケーションはあまり理解し
ていないようです。
 「FUKUSHIMA」は有名な地名になってしまいました。東京から
100km以上離れている・・と言っても「えっ!たった100kmか?
」です。彼らは「チェルノブイリ」の惨劇を我々以上に深刻に受けていた
でしょうから仕方がないかも知れません。特に私がItalyにはいった1週間前
の日曜日に「原発発電は是か非か」の国民投票があった国ですから関心度
はすごいです。


 

◆2011/06/16社長ブログを更新しました。

(続:Italy 出張編)

たまたまヒースローでBAのラウンジ職員にMilan行きの時刻とゲート
の再確認をすると、予定していたフライトの一本前があるとのこと。
急遽手続きをしてフライトを振り替え当初の予定より2時間早くMilan
 Linate空港にランディングしました。タクシーでCadora駅まで行きま
した。
Cadora駅からComoまでの列車は1時間あまりかかるローカル線ですが
数ユーロで行けるはずです。早いが高い国鉄より安い方を選びました。

日曜日なのでCadora駅周辺は大変な雑踏です。でも列車は1時間に1本。
チケットを買って出発番線を探していると電車は出てしまい、また一時
間待ち。
 

(Milan Cadora駅の写真)
 Milan Cadora駅の雑踏1.JPG
その後本日15日の午前中までComoで3日間仕事をしました。
いつもComo湖畔のPホテルをメーカーに予約を頼んで格安価格で泊まる
のですが、夏場の観光シーズンがすでに始まっており、今回はたまたま
月曜がスイスの休日と言う事とコンベンションがあるとかでいつもの倍
のコスト。Milanに比べてCOMO宿泊の利点はそのコストと治安の良さ
なのですがちょっとこの高さは驚きです。
でも仕事も食事もホテルも快適に過ごし Firenzeへ。ブログは列車の中
で書きました。
今回は帰国が22日なのでまだ1週間もあると思うとすでにちょっとお疲れ
です。
(Iwasaki's business tool, Como駅, Malan-Frenzeの車内)
Iwasaki's スカーフ1.JPG昼下がりの国鉄Como駅1.JPGMilan-Firenze間ESIの社内2.jpg

※それぞれ写真をクリックしていただきますと、拡大写真をご覧いただけます。

  ◆2011/06/13 社長ブログを更新しました。

(本日から ITALY出張です=乗り継ぎ地ヒースローのラウンジから)

 羽田空港に本格的な国際線ターミナルができて便利にになったので
今回のITALY出張は羽田からのBA便を選びました。
ロンドンまで12時間、B777は無事ヒースローにランディングし、
今ミラノリナーテ行きをBAのラウンジで待ってます。
確かに羽田も再国際化し、便利になったようですがこのBA便、12日
の早朝 羽田を6時25分発なのです。
・・・という事は2時間前チェックインの常識として夜明け前4時半に、
カウンターに行かなければなりません。ということで・・・
今回は伊丹から最終で羽田に入り近くのJAL CITYに泊って6時間だけホ
テルで過ごし、日の出と共にテイクオフしました。

 昨夜、その伊丹から羽田への最終便で機内紙を読んでいました。
飛行機ではすぐに寝てしまう私なのですが、今回はたまたま機内紙を広
げJALの路線図を見ていました。大変な発見をしました。皆さん知って
いました?
 東京から1000キロくらい南の洋上に小笠原列島があります。その更に
南に3つの列島が連なってまた列島の名前が付いているのです。

それは聟島(ムコじま)列島=この中に聟島(ムコじま) 媒島(なこう
どじま) 嫁島(ヨメじま)と3つの島があります。なぜ「婿島」「仲人
島」という字にしなかったのかわかりませんが、不思議な地名だと思い
ながら更に南になぞってゆきますと・・・・次は・・

父島(チチじま)列島=これは気象予報などで聞いたことがあります。
でもその中に3つの島があり名前が父島(チチじま)、兄島(アニじま)
、弟島(オトウトじま)なのです。そして更に南にゆくと・・・

母島(ハハじま)列島=そして同じように3つに島があり母島(ハハじ
ま)、姉島(アネじま)、妹島(イモウトじま)。

もちろんこのエリアは私も行ったことはありませんが、大変な発見をした
思いで感動したのでブログに書きました。
興奮しているのは私だけですかね?つまらんですか?・・・

DSCN空港2.JPG

 ※画像をクリックしていただきますと、拡大画像をご覧いただけます。

◆2011/06/06社長ブログを更新しました。
 
 先日土曜日、自宅に懐かしい2人が来られました。
私もお会いするのが50年ぶりの当社OG社員の旧姓Nさんと旧姓Uさん
です。(昭和30年代中盤から40年代初めまでの在籍だったそうです)
 平成11年に亡くなった私の父親(元社長)と平成19年に亡くなった
母親の仏前にお参りしたいとの電話を以前からもらっていたのですが、
お互いに忙しく、ようやく実現した次第です。
お二人が当社に勤務されていた頃は彼女たちも20代でしたし、私はまだ
小学生でした。当時は自宅と会社がほぼ同一という環境でしたから仕事場
で、はしゃぎまわる子供の私を「うるさいガキやな」と思いながら皆さん
働いておられたのでしょう。
 子供の私が十分すぎるほど記憶に残るほどのキャラのお二人でしたし、
彼女達も「ガキ時代」の私を良く知っているという旧知の仲です。
 近くの寿司屋さんでのお昼ごはんを挟んで当時の恋愛秘話や当時の社長
であった父親の裏話など数時間楽しく会話をしました。当時から活発で
仲がよかったお二人の記憶は今でも十分すぎるほどありますが、Nさんは
当時の男性社員Mさんと社内結婚、Uさんも結婚退社され、70歳を超えられた今でもなかなか・・・そのパワフルさに圧倒されました。
 
Nさんは「携帯とナビがあるから大丈夫!!」と阪奈の山道を自ら運転
されて我が家へ来られるパワーおばさんです。
Uさんもまた、ハーモニカをたしなみ、プールで毎週泳ぎ、絵(写真=色
鉛筆で描かれたそうです「招き猫<金運招福>」=頂きました。)を趣味
とするマルチおばさんです。話しを聞いていても(もちろん山あり谷あり
でしょうが)楽しそうに語られるお二人に仏さんになった両親も喜んでい
たと思います。
neko20110606.jpg
 当時の社員旅行の写真を見せてもらいました。伊勢旅行だったそうです。
3人が横並びで歩いている写真の女性がNさんとUさん。その横を歩く
コロンボ風コートを羽織っているのが、オヤジが私の父親(前社長)
です。
ryokou2011060622.jpg
 当時はこのパワフルなお二人がいたからでしょうか。業績も倍倍ゲーム
で良かったそうです。男性も含め6名もの社員が写っています。
ryokou2011060611.jpg
慰安旅行は最大の会社のイベントで男性はスーツにネクタイ、女性もおしゃれな服を着てワクワクして出かけたそうです。男性社員のMさんHさん
などもコンチネンタル風の細身のスーツにレジメンタルタイを「キュッ」
と締めて驚くほどオシャレと思いません?
 まだIVYがファッションとして台頭する前の年代のはずですが、当時の
典型「ドブネズミファッション」とはほど遠い今でも十分すぎるほどのセ
ンスです。私の父親もファッションには結構うるさい人でしたが、やはり
これは当社のDNAなのでしょうか。
Nさん、Uさんありがとうございました。「まだまだパワー全開の二人」
ですがご健康とご多幸をお祈りいたします。改めてエネルギーをいただきました。
 
 

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map