◆2014/01/26 社長ブログを更新しました!

  アベノミクス?…でも円安がとまりません。
  マスメディアや政府広報が「日本経済は回復途上…」とのアナウンスメントを出してく
れるのは別に良いのですが、彼らの主なおつきあいは「経団連のお偉い方」など、日本経
済を引っ張る主たる輸出大企業の面々…。円安効果で株価など高騰し、資産価値が上がり、
小金持ちが増えてロレックスなど貴金属はじめ、高額商品が買われ、消費は上昇。
  昨年末には「デフレ終結」なるインフォメーションが出されました。それを更に4月か
らの消費税アップがあおる。建築資材やその労働賃金が上がり、予定価格で落札できない
公共事業もあるなど、ミニバブル状態?とか。
  でも、私たちを含む輸入企業や国内マーケットを主たるお客様にしている中小零細企業
は全く逆です。昨年に比べ18%の円安は企業利益を圧迫しています。この報道は前者が
100とすると10も無いのではないでしょうか?まさか報道に政府が干渉しているとは、
この自由国家日本では考えられませんが、疑いたくもなる昨今のメディアです。
  今の為替は5年前と同じ水準じゃないか…との意見は真っ当ですが、少くなくとも我々
商品の市場価格は、完全に1ランク下がっています。そしてマーケットには海外からのS
PAが乱入し、値段競争に拍車をかけています。
  海外からの訪日客が円安で増えるのは結構な事ですが、それでもわずか年間1000万人…
1日わずか3万人です。もちろん新幹線に乗ったり、ホテルに泊まったり、お土産を買っ
たり、それなりの経済効果はあるでしょうが、これと同様に海外からの販売攻勢に国内産
業は脅かされています。

  その中で、付加価値を付けた商品や仕事を開発し、生き残りをかけるのが我々経営者の
仕事です。そして、負けたところは市場から消える…これが資本主義経済の本来の姿であ
ることは間違いありません。
  日本社会の企業は大きな消費市場である国内マーケットに、この何十年安住して来まし
た。それが大きな間違いであったと気づいた昨今、将来は大企業しか残れない?そうはな
いと信じる国民も・・・まだ日本は大丈夫?と思っている・・・これが心配な昨今です。

  このお正月明け1ヶ月で、経由地も含めれば、インドネシア、マレーシア、中国、イン
ドを仕事で駆け抜けてきました。
  いかに彼らがアグレッシブか、そして貧富差は日本と違って格段に大きいものの、かな
りの部分では、レベルは日本と同じ…いや日本以上の先進部分があります。更にビジネス
上のリスク管理、積極性、これは完全に彼らに負けています。大丈夫か日本?偉そうな事
を話して申し訳ないですが、彼らを見ているとかなり焦る昨今です。
  当社でも、外に出る社員に、1月から英語を必須化にしました。彼らと対等に共通語で
話さないと、日本の優位性、優越性はない・・・が私の考えです。
  海外の企業と同じ土俵で売る、そしてその力をつける、これでないと縮小日本では生き
残れません。そういう意味で、ぼやきが多くなる昨今です。でも相変わらず忙しさだけは
人に負けていません。

  18日から、インドの取引先の社長の娘さんの結婚式に招待されていたので、せっかく
のご招待ですから、いろいろ仕事も兼ねて行ってきました。
  ヒンドゥ式は結婚式と披露宴が3日間、何百人の世界中の取引先や親戚そのほかの招待
客とともに、毎日深夜まで続きます。
  彼ら両家は当然桁違いのお金持ちですが、所変われば結婚式事情もかわる…当然でしょ
うが、我々仏式の結婚式がいかに「日本的質素」であるかよくわかりました。
  招待客が泊めてもらえる3泊の五つ星ホテル(インド宮殿風)は、すべて彼らホストも
ち(もちろん私の宿泊費も含めて)その結婚式たるや so ammusing and excited でした。
多分経費は一億円近く?くらい…らしい?その経費、贈答の宝石類含め、ほとんどが新婦
側が負担するとか。本当にインドのお金持ちは桁違いです。
  この夢のような3日間をまったくテーマパーク状態の環境で過ごし、その後コルカタま
でインド国内を横断し、出荷商品の検品、スケジュール管理ほか、一気に現実の厳しい仕
事に戻ってインドを出国しました。
  コルカタから深夜発>中国昆明乗換で上海へ、土曜日の朝10時に到着、そしてまた仕
事、夜は旧正月前の現法Jistyleの忘年会。
  ちょっとハードでしたが、日曜日にJAL便で帰国しました。


201401271.JPG201401272.JPG

201401273.JPG201401274.JPG

 ※ 画像をクリックしていただきますと、拡大画像をご覧いただけます。

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map