◆2014/05/07 社長ブログを更新しました!

  私も2月7日に60歳になりました。
経験値も増え、若い時に比べ、少しは「おとな」になったかなというところもあります。
でも、その経験値がまたいい意味、悪い意味でも性格の「アク」を強くし、その「キャ
ラ」が他人様の批評に出てきます。
そんなこと「気にせんでもええんや」と言われる諸兄もおられますが、社長という「キ
ャラ」も立場的に必要だとも思うし…いろいろ考える年齢になったことには間違いあり
ません。

  この3月に稲盛和夫さんを伊丹空港で偶然見かけました。沢山のお連れの人を従え、
静かに笑顔でエレベータに乗って行かれました。
私は、イタリアからの帰りの成田からのフライトで、多分、稲盛さんは同時刻に着く、
羽田からのフライトだったのでしょう。多くのビジネスマンも、私と一緒に「おぉ~」
という感じで、到着ロビーで見送りましたが、その感じは、その場の雰囲気が有名人を
見る目ではなく、まさしく「リスペクトする」…という感じだった事は忘れられません。
「オーラ」はもちろんの事、本当に腰が低いのです。あのJALを「厳しく」再生し、
今も名誉会長のはずです。
  でも「偉いさん」という感じでは決してなく、私たち乗客に対するニコやかな態度と
振る舞いは、決して作られた笑顔ではありませんでした。まさしく「ほんとうに皆さん
ご搭乗いただきありがとうございました…」という感じ。人徳や人格というものは、こ
ういうものか…というのを改めて感じた次第です。とても稲盛さんの域まで達する事は
今も将来も私は無理でしょうが、この出会いがあったということが、これからのビジネ
ス人生について考える節目になったことは間違いありません。
  その後、稲盛さんの本もまた買ってしまいました。

  話しは変わりますが、先日、遅くまで知り合いとキタで飲み食いし、11時40分の
最終の奈良行きの快急に乗る為に、難波までタクシーに乗りました。下車時、料金はメ
ーターを見たら1400円、酔っていても間違いありません。でも、私は(60歳にも
なって)相変わらず悪い性格で、必ずこういう場合も相手に確かめます。時々ですが、
タクシーは交通サービス業にも関わらず、何も言わずに目的地に到着したらメーターは
自分で見ろ…という態度に時々腹が立つからです。この運転手も同じ感じでした。
  運転手に「いくら~?」とたずね、そして1400円という返答で確認したはずです。
経験値から言っても、キタからミナミまで深夜でこのくらいの料金です。そして私もメ
ーターを見たし運転手も返答をした。そして2000円を運転手に渡し、600円のお
つり。私は500円玉と100円玉の2個を受け取とり(そのつもり)、「おおきに~」
と言って車外へ。そしたら…地下への階段を下りる際に2つのコインを見たら100円
玉2個だけでした。400円少ない!!
  これは、 
①私が1800円を1400円と見間違えた。<<でも、これは前述の通り絶対ないは
ず。運転手と復唱確認した。
②私が100円玉と500円玉を見間違った。<<これは酔っぱらっていても間違いな
い。2度3度見たから。
③運転手がおつりを間違えた。<<でも、これは確認しなかった私のミス。人間はミス
をするというのは私の仕事上でも絶対論。
④運転手がおつりをごまかした。<<疑いたくはないが…。

  普通、60歳の人はこういう場合どう考えるのでしょうか?私は 即刻④でした。
子供の頃は何も考えず「あぁ~400円も損した」と悩むだけ。何事も性善説で考える
若い頃は①か②で考える。いろいろなシチュエーションの経験が増え、年齢を重ねると
③か④になってくる。60歳になると絶対に自分が正しい。という④になってくるよう
に思います。(今回のケースは絶対に④だと思っています。)
  若い頃は、イケイケにも関わらず、反面ジクジク「損した~」と思い、その経験が将
来のトラウマにする。30代40代50代の働き盛りは、双方のバランスが良くなり、
人からは「若い頃より円くなったね」と言われ、こういう場合も、運転手の間違いかな
??それとも俺も確認しなかったしな~と、いろいろ思う。それがさらに歳を重ねると、
問題に関しての回答は、その経験からまず「結論」が先になる。…「俺は間違っていな
いし~」と先にきてしまう。そしてプライドも邪魔して「上げた拳を下げられなくなる
」=「頑固になる」という方程式が成り立つと分析しています。それを頑固に④と思い
込む私はやはり歳を取ったのでしょうか?前文に戻って、稲盛さんはこういう場合どの
ように考えるのでしょうかね?

  当社も5月から新しい63期が始まりました。父親が作った会社ですから、私より年
上ですが「頑固」にならず、過去否定も含め、新しい考えで進んで行かねばなりません。 
一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言いわけがでる=武
田信玄です。あぁ~私もこういう話しに「納得」ばかりするようになりました。でも…
お金は減っても知恵は減りません。一生懸命すれば知恵は増えるそうです。何を書こう
かわからないまま書いたら、またこういうダラダラとした話しになりました。

大阪Divistion (本社)

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)マップ

東京Divistion

東京ディヴィジョン
◆東京ディヴィジョン
〒111-0036
東京都台東区松が谷4丁目26-11
(4-26-11 MATSUGAYA TAITO-KU TOKYO, JAPAN )
(TEL)(03) 6802-7048
(FAX)(03) 6802-7049

東京ディヴィジョン
マップ

岐阜検品Division

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品Division
◆織工舎shokkohsha

〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

岐阜検品Division
織工舎shokkohsha
マップ

上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

マフラー岩崎:織工舎
◆上海貿易 / 検品
上海吉斯黛服飾有限公司
Shanghai Jistyle Company Ltd

上海市浦東新区六灶鎮鹿園工業区鹿顺路33号1号楼二楼 201322
(2F NO.33-3 LUSHUN RD.
LUYUAN INDUSTRIAL PARK LIUZAO TOWN
PUDONG NEWAREA SHANGHAI,
CHINA 201322)


上海貿易 / 検品
map