FAQトップへ >

  • 狭く(従来より細く)することは可能です。
    織物のマフラーは基本的に生地その物ですのでカットして耳(両サイド)の処理をすることになります。
    カットしただけでは縦糸が抜けてきますので糸が抜けないようにカット部分の内側を 真直ぐにミシンでタタくか三つ巻処理をするかの方法になります。
     ただ、ミシンでタタく処理ですと、本当にきれいにまっすぐ縫えるか、ということもあり、どちらかといえば三つ巻処理をお薦めします。
    また長さも短くすることは可能です。
    でも房はより房は後加工ではできません。
    より房商品は 数センチの抜き房商品になります。

企画生産ディヴィジョン

マフラー岩崎:大阪ディヴィジョン
◆本社:大阪ディヴィジョン
(HEAD OFFICE)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町4‐2‐1
(4-2-1, KYUTARO-MACHI, CHUO-KU, OSAKA, JAPAN )
(TEL)(06) 6281-1055
(FAX)(06) 6281-0145

岐阜ディヴィジョン

マフラー岩崎:織工舎
◆岐阜検品ディヴィジョン
◆織工舎プレミアムファクトリー
◆織工舎株式会社
〒501-6335
岐阜県羽島市堀津町須賀南1-68
(1-68,SUKAMINAMI,HOTTU-CHO,
HASHIMASHI,GIFU)
(TEL) (058) 398-1760
(FAX) (058) 398-3368

Movable -ケータイ-

織工舎FAQQRコード
  • RSSを購読